どらのとーちゃん!??

京都に来てから1年半


私たちとべったり一緒に行動してきたどらちゃん



盆と正月にひめが学校から帰ってきても2週間くらいやった・・・

画像





しかし、2月から9月まで7ヶ月間もひめが家に居てた。

その間、ひめがとーちゃんを独占してたから

どらちゃんは、じっと我慢していた。





だから、今、散歩でとーちゃんと歩くとき、めちゃ嬉しそうや!!

画像




画像





散歩のリードを持つのがとーちゃんになったら

猫を見る目も変わるどらちゃん

画像




みんなに「こんにちわ!!」って言ってるみたい


画像



そんなに、とーちゃんがええのんかなあ~?


画像




でも、おかーちゃんも必要みたい、写真を撮ってて遅れたら

じーーーっと待ってるどらちゃんなのだ!!


画像






昨日は、御所へ行きました。

御所の周りを見回る警察犬を見に行ったのですが

何かあるときしか居てないみたい。



11月1日から、また来るそうです。


警察犬の中でもエリートの犬達・・・

東京から来るねんて!!




今日も絶好のお出かけ日和やし!!?

写真、撮りにいこかなあ~







見たよーの印に
よろしかったらポチッとお願いしま~す♪
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ



どらちゃん、見たよって、こちらもお願いします。

犬ブログランキングに参加しています></a>
<br/>








<a name=

この記事へのコメント

よう子
2009年10月12日 08:03
どらちゃんの元気、ひめちゃんと見間違えそう。
パパさん、いっつもひめちゃんだったもんね。
でも、どらちゃんもひめちゃんもパパさんだったら、元気よく走り回れるって安心感があったんじゃないのかな。
ママさんはオシトヤカだから~~?・~♪

パパさん、引っ張られて・・・・・
でもナンカ嬉しそうー。

私もすっごく嬉しくてウルウル……♪ ♪ ♪
2009年10月12日 09:38
人間界でも、その一言で愉快になったり、不愉快になったりいたします。
気遣いの配慮で喜怒哀楽が生じます。
どらちゃんにも、人間と同じように、
日々、バイオリズムがあるに違いありません。
しかし、どらちゃんにとっては、
それを超越した信頼関係のコミニケーションで、
結ばれているのでようね。
日々、はくじゃさんの日記を拝読し、
想い想われる素晴らしい家族愛を感じます。
masaki
2009年10月12日 10:33
おはようございます。
学生時代は、京都御所が隣と言う好立地?に恵まれ、よく昼寝に行ったり、フリスビーで遊んでました。
(勉強もしないで・・・^^;)

警察犬いるんですね、東京から?
ご苦労様ですね。

御所は道幅が広いですよね~。
玉砂利が敷き詰めてあると言うのではなく、少し大きめの角のある砂利だったのかなぁ・・・。

白い塗り壁の塀にはセンサーが張り巡らされてあり、反応すると警備の方がすっ飛んできます。
よくフリスビーで反応させて怒られてました。

『またアホな同◎◎の学生か!円盤ばっかり投げてんと、勉強せぃ!!壁に傷付けると器物損壊で逮捕するド~!!』

そら怒られるのも当たり前のですよねぇ~・・・

烏丸今出川の交差点付近、『わびすけ』という老舗のコーヒーを飲ませる喫茶があります。
御所の南東側の付近には『ほんやら洞』という、あの岡林信康も出入りしていたと言う喫茶店もありました。
今はどうなってるのかなぁ・・・
はくじゃ
2009年10月12日 17:44
>よう子さん

考えてみたら、ひめにとーちゃんをずっと取られていましたからとーちゃんにやっと甘えているんですね~。
嬉しそうに散歩をしている姿を見ていると私も嬉しいです
はくじゃ
2009年10月12日 17:47
>陶さん
会社が落ち着いたら家庭とあっちもこっちも何かあって忙しいです。
しかし、こうやって関係が深まっていくんでしょうね?
何も無いより、何かあった方がよいと叔父が言っていましたが、きっと問題によって成長できるからなんでしょ~ね?
はくじゃ
2009年10月12日 17:55
>masakiさん
御所の中はあっちもこっちも広くてまっすぐな道・・・
広いのでチャリンコで行ったのですが、砂利がmasakiさんの言うてはるように大きくてタイヤが取られて走りにくいでした。
壁にはセンサーが点々と仕掛けてあって触ったら警備員が飛び出てくるようになっていました。
木は背が高く、野鳥を取るにも大きすぎ~!!
京都には古きよき時代の喫茶店がちょこちょこ残っていますね~?
「わびすけ」「ほんやら洞」メモメモ!!

この記事へのトラックバック