どらちゃん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろ。。あったんや。。。

<<   作成日時 : 2010/07/19 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ファーナと初めて会ったのは

2007年7月だった。

それまでに、Ajaxと救助犬の訓練をしていた私は
次の犬を4年くらい探し続けていた。

ファーナを見た瞬間、「この子や!」と星が輝いた。

まだ早いと先生が言ってたのだが、ぎっくり腰をやっちゃって
生後6ヶ月から訓練所へ行ったり来たりの生活が始まった。

やっと救助犬試験に出場できる18ヶ月でみごと入賞!!

服従では、1次席を獲得!!

あれよあれよというまにここまできたようですが、

いろいろありました。


画像







去年の今頃は、足の怪我で治る気配もなく

皆さんに心配かけて、6ヶ月くらい外出禁止

獣医さんには「どうなることやら?と思った」なんて言われちゃったし



世界大会出場には国内で300点中270点以上の得点が必要ですが、
試験が何回もあるわけでもなく、数回の間に獲得しなければなりませんでした。


しかし、去年の秋に行われた長野県での救助犬試験で
怪我のため、ろくに練習もしていなかったのに
世界大会出場の合格点を取りました。



そのとき、ファーナは2歳でした。


画像







世界大会は、毎年6月にヨーロッパで行われます。


今年は、チェコ、、、

ファーナにとっては初めての飛行機です。

初めてと、経験のある事では全然ちがう態度を示すファーナなので、

3月に行われる韓国の試験に出場させました。




このとき、ファーナの指導手をしてくれたのが
今回、テレビに出る佐藤君でした。
 
佐藤君は、日頃からファーナの世話をしてくれ
二人で写っている写真を見ると
まるで恋人同士のように見えました。







飛行機の経験もさせたし、世界大会への準備は大丈夫と思っていた時でした。



今年の5月、、、、、、、先生から電話が入りました。




訓練所の事情で、世界大会へ行けないかもしれないと。。。。。。



これを聞いた時はショックでしたが
仕方がありません。

「そうですか、先生がそうおっしゃるならしょうがないです。」
と主人とがっかりしましたが、あきらめました。

その数週間後、先生から「皆さんの協力で行けるかもしれない」との連絡が入り
またまた世界大会出場に向けての準備モードに入れた訳です。





私の会社で、「小さな社会貢献」という名目で
少額でもよいので救助犬に寄付をできる体制を取りたいと
いう思いが私にありました。

代表取締役に就任するという条件にそれを真っ先に話していました。
しかし、認定NPO 団体以外は、会社での寄付が難しいという現実も知りました。

誰に話しても税金対策の寄付としか受け取ってくれません。

そーじゃないんだ、私が居なくなっても救助犬に寄付をして行く道を作りたい。
私は、今まだその問題と向き合っている最中です。




犬を育てるには、それなりの費用がかかります。
海外で災害が起きたとき「日本は何故来ないの?」と言われた悔しさが
私を奮い立たせます。

犬を連れて飛行機に乗るには人以上の運賃もかかります。
現地での移動もクレートを乗せる事のできる車が必要です。

海外では、大手企業や国が支援しているので指導手になにかあれば
残された家族にも保証がありますが、私たちが個人で行ってもなんの保証もありません。


阪神大震災のとき、日本の救助犬は居ないに等しい数でした。
レベルも低く、海外の救助犬の素晴らしさに見せられ
追いつけ、追い越せと頑張って来ました。

やっと、4位入賞を果たせる日本の救助犬が去年出ましたが、
犬の寿命は短く次々と育てて行かなければなりません。


2歳で世界大会出場権利を獲得したファーナ
これなら、経験を積んで世界の上位に行けるかもしれないと
心の中で期待しています。


今回、初めての世界大会

きっと、ファーナと若い訓練士の佐藤君は何かを学んでくれたと思います。
それを今日のテレビで見れる事を願っています。


ファーナ?おまえが、話せたらなあ〜

どうやった?

ママに教えてよ〜?




画像








今日も応援ポチッとお願いしま〜す♪


 下の「どらちゃん日記」の所を クリックしてね 
       ↓       ↓

にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
動物との関わりでは、日本は後進国ですね。
ドイツでは国が動物の保護をしてますね。
犬猫など、捨てられた動物を
機械的に処理するなど、命の大切さを
子供に説明できませんね。
国民の意識向上を啓発すべき時期ですね。
ひめちゃんの番組楽しみにしてます。
仙人
2010/07/19 07:06
救助犬を 強く意識したきっかけは 阪神淡路の地震災害時から あれから何年 救助犬を養成するには根気と資金 並みのものには出来ません 盲導犬も同じでしょうね 犬は賢いです改めて認識しました。
ますますの成長祈ります。
ししまる
2010/07/19 07:20
そういえば、ホントに色々ありましたよねぇ・・・。

人との関わりを持って、共生してきたワンちゃん達。

素晴らしい事だと思います。



masa-bon
2010/07/19 07:22
いろいろありましたねぇ〜。
その度、一生懸命頑張っていたはくじゃさんのことを思い出して、ジーンとしてます。
訓練所に戻る生き生きした様子に複雑な気持ちになっても、それはそれで喜んでいたことを時々思い出すと胸が熱くなります。
災害救助犬なんて危険がいっぱいなのに、はくじゃさんご夫婦から、いろんな社会への貢献があることを学びました。
ただ傍に置いて可愛がるペット愛好者の私とは大違いです。
syu-ko
2010/07/19 08:06
災害救助犬、今日のTVでじっくりと拝見したいと思います。
楽しみです。

2010/07/19 08:23
親子の不屈の精神で現在があります。
これからも箱根の山の天下の険、大井川の川止めの難関に遭遇するかもしれません。
しかし、皆さんに支えられ、それに応えるファーナちゃん、二人三脚、三人四脚・・・で突破間違いありません。はくじゃさん、皆様にも感謝ですね。

2010/07/19 08:59
NHKの放送、いよいよ今日ですね!
紆余曲折、いろいろ乗り越えて、ファーナちゃんとはくじゃさん達の成果が映し出されるのですね♪
とってもワクワクo(^-^)o楽しみにしています\(^O^)/
Lacmama
2010/07/19 09:58
阪神のときは 確かにまだまだなレベルだったのでしょうね 国が自国の救助犬をそこにいても 使わなかったという現実もありましたが その時行かれた犬たちは いわゆる日本の救助犬の最初 といえるかも ですね 彼らは ご遺体捜索をしてくれと いわれ 生きたひとを救うのではなく ご遺体の捜索をして お仕事を少し果たせたようです

あれからもう年数がたち 国への認可もいまだ おりませんが 各団体が 自治体との出動提携を頑張ったり 救助犬にかかわるみなさん全員が さまざまな努力をしてきていますね

募金も そのひとつ


長く救助犬に携わってきたみんなに それぞれに 苦難や困難があり たくさんの想い出もありそれをはくじゃさんに重ねてみているかもしれませんね


今日は楽しみにしています


ラム
2010/07/19 10:37
はじめてお邪魔いたします。

「災害救助犬」関連で検索しておりましたら、こちらに
たどり着きました。

今朝、「スーパードッグ 命を救え!」の放送があることをはじめて知り、急いで自ブログに番組のお知らせをアップいたしました。
事後報告で大変申し訳ありませんが、勝手ながら「NEW どらちゃん日記」もご紹介させていただきました。
ご迷惑でしたらすぐに外しますのでお申し付けください。
事前にお断りもせずに失礼いたしました。
当該ブログのアドレスは以下のとおりです。
お手数おかけしますが、一度ご確認いただけましたら
幸いです。

http://teamwill555.blog47.fc2.com/blog-entry-130.html

取り急ぎ、お詫び方々ご連絡とお願いまで。


今日の放送をとても楽しみにしています!
できるだけ沢山の方に観ていただけたらいいな、と
思います(*^_^*)。
だい
2010/07/19 13:09
ロキ様のブログで教えてもらって、今テレビをみました

災害救助犬の賢さに感動

ファーナちゃんは今回は残念でしたが、次回はきっと
入賞するかと思います

メイゴンサン
2010/07/19 18:06
こんばんは〜
放送見ました〜!
ひめちゃんすごい!!あんな惨状でよく見つけました!!
また、一生懸命訓練をしているひめちゃんにも感動です!!

今回はちょっぴり残念でしたが、次回に繋がる結果を残せたと思います。
また、ハンドラーの佐藤さん。
この大会で得たものは凄く大きいものだったと思います。
今回の経験を糧にしてこれからも頑張ってくださいね。
ロキ様は応援しています!!
ロキ様
2010/07/19 18:53
こんばんわ!
さっきみましたよ〜、格好よかった!!足の裏大丈夫だったかな?何って言ったってこれからは災害救助犬をもっと増やすべく国も動いてほしいですね、はくじゃさんもがんばれー!
まこさん
2010/07/19 19:25
やはり、はくじゃさんは震災に実際に会われたからこそ
救助犬の必要性を強く感じられたのですね。
はくじゃさんの個人の頑張りが、社会全体に
広がるよう祈ります。
ファーナちゃんと佐藤君、熱波の中よく頑張りました!
これからが楽しみです!
それから、ファーナちゃんはテレビの自分をちゃんと
じぶんだと認識できたかな?
すいか
2010/07/19 22:07
ああ、テレビに間にあいませんでした(;_;)
NHKさんに早速再放送のスケジュールを聞くメールを出したのですが…

CM版はwebで見ました。素晴らしい番組だったと確信しております。

佐藤訓練士さんが、ご自分のお仕事もがんばりつつこのような社会貢献に心おきなく関われるような社会になることを祈ってやみません。私のご協力できることは微々たるものですが、やらないよりはマシだと思って続けていこうと思います。いつかもっとちゃんと貢献できるようにがんばりたいです!

佐藤訓練士とひめちゃん、お疲れさまでした。はくじゃさんとおとうさんも、お疲れさまでした。そしてこれからもどうかがんばってください!
gamme
2010/07/20 00:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろ。。あったんや。。。 どらちゃん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる